ウォシュレットトイレの水のトラブル

私たちの暮らしにウォシュレットトイレが身近な存在になりました。日本の家庭のおよそ8割近くにウォシュレットトイレが普及しています。その分、水のトラブルが起きることも多いのが現状です。ちょっとした水回りのトラブルは自己解決できることもあるので出来る範囲で試してみましょう。

■水が漏れているときにやるべきこと

水のトラブルを目の前にすると慌ててしまいますが、まずはトイレの止水栓を止めてから、電源プラグを抜きます。様々なトラブルがありますが、それぞれに共通の対処法が止水栓と電源プラグなのです。この手順さえ覚えておけばひとまず安心でしょう。これを済ませておくことで水漏れは一時的に止まりますし、漏電の危険性もなくなります。
止水栓はマイナスドライバーを使えば簡単に回せます。右に回すと止まり、左に回すと開きますが、止水栓を止めると水漏れが止まると同時に、トイレに使う水も止まりますから一時的にトイレは使えなくなります。水のトラブルが起きると誰もが慌ててしまうものです。出来ればトラブルが起こる前から止水栓の場所を把握しておくといいでしょう。

■ノズル周辺のトラブルへの対処

ウォシュレットを止めようとボタンを押しても水が止まらなくなったという水のトラブルも珍しくありません。これは慌てなくても大丈夫です。本体の故障というよりリモコンの電池が切れていることが原因の可能性が大きいためです。トイレの脇にボタンが据え付けられている場合は電源はコンセントからとっているので電池が切れることはありません。壁に据え付けられているタイプは電池を使っているためリモコン式です。以前に比べて反応が遅くなった、止めるボタンを押しても水が止まらない、そもそも動かなくなってしまったなどの水のトラブルが起きたときは、リモコン内の電池を交換して、再度ボタンを押してみて確認しましょう。

■まとめ
水回りのトラブルと言っても様々な状況が考えられます。自分で解決できる場合は問題ないものの、状況が酷い場合は専門業者に修理を依頼したほうが賢明でしょう。修理費用がもったいないからと予備知識がないまま無理に直そうとしても、さらに状況が悪化するだけで危険ですから、あくまでも小さなトラブルだけ自己解決するように注意しましょう。初めはトラブルが小さくて見て見ぬふりをしがちですが、放っておいても自然に直るものではありませんので、気づいたときにすぐ対処することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ