お風呂の蛇口の水のトラブル

水のトラブルで慌ててしまうのがお風呂場でのトラブルではないでしょうか。お風呂場の蛇口のトラブルにはどんなタイプがあるのか、それぞれにどんなことが原因になっているのか紹介します。原因が分かれば自己解決できる可能性があるかどうかも知ることが出来ますし、被害がこれ以上大きくなることを防ぐことも出来ます。

■バルブタイプの蛇口のパッキンが劣化している

水のトラブルが起きやすい蛇口ですが、バルブタイプの蛇口はコマパッキンが付いています。これは水とお湯のハンドルの部分に入っている部品ですが、どちらか一方でも劣化していることで蛇口内の水が止まらなくなってしまいます。その結果、蛇口をしっかり締めているはずなのに水が漏れているという水のトラブルに見舞われます。
コマパッキンを交換することでトラブルを解決することが出来ます。コマパッキンはホームセンターなどで売っているので自己解決できます。ちなみに自分で修理する場合必要になるのはコマパッキンのほかにハンドルを外す時にマイナスかプラスのドライバー、スピンドルを外す時にモンキーレンチかフライヤー、コマパッキンを外す時にピンセットなどです。

■レバー式の蛇口のカートリッジが劣化している

レバーを上下に動かして水を出したり止めたりするタイプの蛇口には、専用のカートリッジが内蔵されています。このカートリッジはハンドルが上下に動くたびに水とお湯の量を調節してくれます。そのため、カートリッジが古くなると水が漏れてしまうのです。
この水のトラブルはカートリッジを交換すれば解決しますが、先ほど話したコマパッキンの交換とは違って、素人が簡単に交換できるものではありません。専門の知識がないと、カートリッジを外したのはいいけれど取り付けられなくなったという状況になりかねません。実際にそういったトラブルの相談も少なくないのが現状です。レバー式の蛇口の水漏れは、専門業者に依頼することをおすすめします。

■まとめ
蛇口から水が漏れるトラブルは簡単に直せるときと、直せないときがあります。昔の感覚でパッキンを交換すれば直せると思い込んでいると、思わぬ状況になって焦ってしまうこともありますから、最新の蛇口で水のトラブルが起きたときは自己解決できるかどうか、事前にチェックしておくことをおすすめします。自己解決できるトラブルでも直す自信がない場合は無理せず専門業者に相談することが被害を拡大しないためにも大切なことです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ